指紋をつけたくない!iPhone13おすすめガラスフィルムレビュー-THE CASEFINITE GLASS-

指紋をつけたくない!iPhone13おすすめガラスフィルムレビュー-THE CASEFINITE GLASS-

こんばんは、kabosu-masaです。

今回はiPhone13mini、iPhone13に最適なガラスフィルム、THE CASEFINITE GLASSを購入したのでそのレビューをさせていただきます。

この記事は下記の悩みを持つ方の参考になると思います。

  • iPhone13のフィルムのおすすめを知りたい
  • THE CASEFINITE GLASSについて知りたい
  • 指紋のつきにくいiPhone13用のガラスフィルムを探している
  • 無名のメーカーのものでなく、それなりに信頼できるメーカーのものが欲しい

それでは紹介していきます。

THE CASEFINITE GLASSを販売するCASEFINITEとは?

2020年8月創業したケースフィニット株式会社はTHE FROSTAIRやTHE INFINITEAIRなどのiPhone用ケースを展開する会社です。

CASE(ケース)とINFINITE(無限)を組み合わせた造語を会社名にしているようです。

ミニマルなデザインかつ質の良いケースで、ミニマリスト に愛用されており、多くのYOUTUBERがレビューしており、iPhoneケースを調べたことのある方は必ず知っているであろうブランドです。

こちらの会社が展開するiPhone用のガラスフィルムがTHE CASEFINITE GLASSになります。

THE CASEFINITE GLASSについて

それではTHE CASEFINITE GLASSの商品ついて紹介していきたいと思います。

THE CASEFINITE GLASSはクリアと高耐指紋の二種類があります。高耐指紋のTHE CASEFINITE GLASSの方が少し値段が高くなっています。今回は高耐指紋について紹介いたします。

まず、外装の箱ですが、非常に高級感を感じる箱をTHE CASEINFINITE GLASSは使用しています。

箱の中には貼り付け前に画面を拭けるように布なども入っております。また、フィルムを正しい位置に貼るための位置決め治具も入っています。

フィルムは貼り損ねたときのことも考えて2枚入っています。

THE CASEFINOTE GLASSのメリット4点

それでは、THE CASEFINITE GLASSのメリットをご紹介していきます。

THE CASEFINITE GLASS(高耐指紋)は指紋が付きにくい

1つ目のメリットは、THE CASEFINITE GLASSは指紋が付きにくいことです。私がTHE CASEFINITE GLASSを選んだ最大の理由はこちらです。

指紋が付きにくい製品となっており、操作するたびに指紋がついて拭いている自分はそのストレスがなくなるので、非常にありがたいです。

完全に指紋がつかないわけではないですが、指紋がついても簡単に拭くことができます。

参考までに100円ショップのガラスフィルムの写真もお見せいたしますが、こちらは指紋がいっぱいついています。

透明度を気にしてフィルムを選んでも、結局指紋がつきやすいと画面が見えなくなってしまいますので、指紋防止フィルムですと、常にいい状態を維持することができます。

THE CASEFINITE GLASSは非常にサラサラしている

次のメリットは、THE CASEFINITE GLASSはサラサラしていることです。

いろいろなアンチグレアフィルムがありますが、その中でも非常にサラサラしていると思います。

THE CASEFINITE GLASSで触り心地が向上し、携帯の操作性も向上すると思います。

THE CASEFINITE GLASSは9H硬度

3つ目のメリットは高い硬度です。使い勝手が良くてももし落としたりしたときに傷がついては元も子もないです。THE CASEFINITE GLASSは9H硬度で日常生活でのダメージを防護してくれます。

THE CASEFINITE GLASSは専用貼り付けガイドで貼り付け失敗しづらい

最後のメリットは、THE CASEFINITE GLASSは専用貼り付けガイドがついているので、貼り付けの失敗をしづらいことです。位置が正しく貼れないと結構悲しい思いをすると思います。THE CASEFINITE GLASSは専用貼り付けガイドがついているので正しい位置に貼ることができます。また、もし失敗しても2枚フィルムが貼ってあるので安心です。

もしフィルムが余ったら予備にしても良いですし、友達にあげることもできると思います。

THE CASEFINITE GLASSのデメリット2点

THE CASEFINITE GLASSのデメリット2点についても紹介していきます。

THE CASEFINITE GLASS(高耐指紋)は少し透明度が落ちる

THE CASEFINITE GLASSの1つ目のデメリットは、高耐指紋版は少し透明度が落ちることです。指紋耐性を高くするために、少しフィルム自体が白いですので、クリアな画面を求める方には合わない製品だと思います。

ただ、クリアな画面でも指紋がつくとあまりきれいに見えないので、少し透明度が落ちても常にその状態を維持しやすいこちらのフィルムはおすすめです。

THE CASEFINITE GLASSは少し値段が高い

THE CASEFINITE GLASSの2つ目のデメリットは少し値段が高いことです。消費税込みで4,000円程度と少しお高い設定です。ですが、フィルム自体は2枚入っているので、1枚あたりに換算するとそこまで高いわけではありません。

まとめ:THE CASEFINITE GLASSは指紋をつけたくないiPhoneユーザーにおすすめ

上記で紹介してきたように、CASEFINITEが販売するTHE CASEFINITE GLASSは指紋をつけたくないiPhone13miniユーザーにおすすめです。ぜひご検討ください。

iPhone13用のTHE CASEFINITE GLASSはこちらになります。

フィルム以外にケースをお探しの方に参考になればと思い、ミニマルデザインで有名なMYNUSのケースレビューもご紹介します。シンプルで洗練されたデザインです。

MagSafe対応ケースを望んでいる方はこちらも参考にされてください。

iPhoneカテゴリの最新記事