iPhoneのトリプルクリックで最小の明るさにする裏技

iPhoneのトリプルクリックで最小の明るさにする裏技

こんばんは、kabosu-masaです。

寝る時に、iPhoneの画面が明るくて困ることはありませんか?

iPhoneでネットサーフィンしてから眠る方も多いと思います。まさに自分がそうで、ついついネットサーフィンしてから寝てしまいます。ただ、その時にiPhoneの明るさを最小にしてもまだ明るくて、もう少し暗くしたいな、と思っていました。

この記事では、iPhoneが明るい、そんな悩みを解決します。この記事を読むことで、下記の方の役に立ちます。

  • iPhoneの画面を最小の明るさにしたい
  • IPhoneの画面の明るさを素早く暗くしたい

それでは、iPhoneの画面の明るさを素早くより暗くする方法について共有したいと思います。

iPhoneの明るさを短時間で暗くできるようにする設定

今回ご紹介するのは、iPhoneのトリプルクリックに画面を暗くする役割をつける方法です。

実際のiPhoneの設定方法をご紹介します。

まず、iPhoneの設定画面からアクセシビリティを選択します。

次に、一番下まで下り、ショートカットを選択します。

ショートカットを選択すると、以下の画面が表示されます。

上の方に、「アクセシビリティ機能のオンとオフを切り替えるには、構成してからサイドボタンをトリプルクリックします。」とある通り、サイドボタンのトリプルクリックによって、ここでチェックをつけた項目のオン/オフを切り替えることができます。

今回ご紹介する画面を暗くする方法は、「ホワイトポイントを下げる」にチェックをすれば良いです。

iPhoneの画面をトリプルクリックで暗くする

その後、iPhoneのホーム画面などでiPhoneのサイドボタンのトリプルクリックを試してみてください。すると、明るさ調整で調整した明るさからさらに暗くすることができます。

そのため、明るさ調整でいちばん暗くした上でこの機能を使うと、最も暗い状態に調整できることになります。

まとめ:iPhoneを最小の明るさにして、少しでも目に優しい状態で携帯をみよう

夜寝る前にはなるべくスマートフォンなど見ない方が睡眠に良いとされていますが、それはなかなか難しいかと思います。私もiPhoneを見てしまいます…

寝室で少しiPhoneを見て調べ物をしたいときなどにこの方法を活用することで、iPhoneを最小の明るさにして、少しでも暗い画面で作業しましょう。

わたしもこの設定にすることで、少し目への負担が減ったように思います。

夜寝る前にiPhone画面が明るくて困っている方は、よろしければ試して見てください。

このブログでは、その他の小技紹介などしています。iPhoneのPayPayを3秒で起動する裏技はこちらで紹介しています。

また、このブログでは他にもiPhoneのケースの紹介、MagSafe化する方法、AirPodsProの紹介などしています。よろしければこちらの記事もご確認ください。

iPhoneカテゴリの最新記事